“My Darling is a Foreigner” – Or is he an angel?

“Darling wa Gaikokujin – My Darling is a Foreigner” / 2010. Japan / Ue Kazuaki / 100 Minutes / Drama

Weak English skills don’t hinder aspiring comic book writer Saori from dating her love interest Tony, a language nerd from the United States. They move into a house at the sea (which appears to be suspiciously spacious for a yenless young couple) to slowly overcome differences in culture and language. Shadows appear on their sunny romance when her father opposes the idea of a foreign son-in-law. To gain his respect Saori plunges herself into a 24/7 working mode, ignoring Tony’s desperate invitations for a cup of milk tea. Just at the time her comics start selling her father’s health breaks down along with the relationship with Tony. The father passes away and Tony leaves Japan to give themselves a break. Saori recollects herself. The inevitable happy end draws near as she jumps onto the next airplane to reunite with Tony in New York.


Not being much of a romantic guy myself, it is no surprise that love comedies belong to the genres that I avoid more or less consciously, along with splatter films and sport dramas (though those are much worse). The ones I have watched in the past were usually at movie evenings with my church friends – most of them girls.
So, the reason I went to the theater to watch DARLING WA GAIKOKUJIN lies not only in its intercultural theme but because I am in one of the scenes! Yeah, right at the beginning! My second cousin who worked on this movie as a production assistant invited me over to Tôkyô last summer, to serve as an extra. There I’m standing in celluloid as a foreign party guest. Shooting was fun, because I could spend the day with about thirty extras from different countries in a luxury mansion. It provided me with an interesting chance of talking with Tôkyô foreigners, some of them students, some of them entrepreneurs, soldiers or models.

Just like seemingly most Japanese movies nowadays DARLING is based on a comic book series of the same title, and those are based on the real-life experiences of manga-writer Oguri Saori and her husband Tony László. Yes, on the remote island country that Japan thinks itself to be, the mystery of international marriages still provides matter for bestselling literature. The comic books present us humorous yet clever essays about cross-cultural discoveries, all in Oguri’s unique style. Despite the not-so-subtle title “My Darling is a Foreigner” Oguri makes it clear that Western men are neither necessarily romantic princes nor dangerous erotomaniacs, and by keeping her focus put on simple everyday life issues that basically all couples have to deal with (doing the laundry, cooking curry or different sleep-wake rhythms) the ordinary, human side of Tony and everyone else shines through. One could even speculate that she would have made a manga regardless of her partner’s nationality anyway, as she has a heart-warming sense for characters.

It was only a matter of time somebody would pick her books to be made into a lighthearted love comedy, or as we say rabukome.

Well, judging from the form conventions of rabukome, DARLING WA GAIKOKUJIN doesn’t stand out much from the piles of similar Japanese works. Inoue Mao (23) plays Saori and a young Hugh Jackman Tôkyô-based (?) American performer Jonathan Sherr (35) is given chance to enact Tony. It’s the first movie for director Ue Kazuaki (55) who has been doing commercials for most of the time.
What makes this movie a little bit different from the other romance stories is of course the cross-cultural subject. Considering the broad complex of issues related to foreigners in Japan (of which “white” Westerners like Tony still belong to the luckier ones) DARLING succeeds fairly well in keeping the balance between political correctness and caricaturization, but falters upon the deficiencies of its own genre. On the one hand the movie addresses the typical behavior of Japanese and foreigners rather well, depicting a diverse society while exposing prejudices on both sides. (It is always nice to see female Japanese in executive positions such as the editor of Saori’s publisher, or non-white people being allowed to do normal stuff in Japanese movies.)
On the other hand DARLING’s very genre demands its protagonists to be remodelled into woodcut-like stereotypes again – ouch! Saori’s idealized family seems to be copied and pasted right from a tv commercial. The biggest victim of the softened script is the character of Tony himself. It is the big irony of DARLING WA GAIKOKUJIN that the angel-like Tony comes across as the very cliché that many Japanese women weary of their chauvinist or ‘herbivore‘ countrymen are dreaming of. The shallow acting skills of Inoue and Sherr don’t help either, but create that cheezy atmosphere most movies cobbled together from cute but inept pop idols suffer from these days. Of course, there’s nothing wrong with easy-to-digest entertainment. How much depth can you expect from a film that sees Saori running down the street to an ultra-embarassing Japanese rap song? If people get the plain message from her mom (“Don’t blame it on nationality, people are just different”) there’s not much to complain about the substance.

One problem I see might stem from the different natures of the original work and the dramatization in film. The comics had funny personal essays, giving Tony even a direct voice with some special “Tony talks to himself” pages, while the movie tries to knit those random topics into a standard rabukome-narrative. The main focus lies on Saori. In the first few minutes the movie experiments with cute animations and staged street interviews of international couples (not unlike the surveys presented in the books), but soon gives in into predictable genre-conventions. The storyline finally culminates in awkward moments of the couple reuniting right in front of a wedding ceremony and Saori being proposed fairytale-style by Tony. It is also doubtful that real life events already manifactured into manga form work out well when retranslated into movie scenes. And as it is often the case, interesting episodes described in the original work are replaced by weaker plotpoints. The actual Tony László, we learn from the comic, got to know Saori’s mother by bumping into her on the street while he was riding a monocycle! An episode like that begs for a film adaption, but the scriptwriter dropped it in favor of a standard meet-the-parents scene.

Still, DARLING got its qualities. It’s beautifully photographed, it’s friendly and it has a number of powerful moments of calm. There were many shots loaded with emotion but executed with skillfull discretion: The first came in a montage of Tony and Saori’s happy love life at the beginning: As the two come close, we only see their shadows on a wall. Then follows a bed scene, but all we see is a close-up shot of their entwined hands on the bed. In any Western movie this would have been the time to show naked celebrities. The allusion is much more poetic. Later we are shown the sad moment when Tony says goodbye, to leave for his flight without Saori. She doesn’t look at him but silently lets two tears drop onto the paper of her working desk while we hear  the sound of Tony leaving the house. For moments like those I don’t regret watching DARLING WA GAIKOKUJIN – and of course for my small cameo. I recommend reading the comic books nonetheless.


The official website in Japanese (a smaller English site can be found there, too).

Interview – A Korean Life in Bolivia

In January I had the chance of meeting an ethnic Korean girl from Bolivia who had come to Kyôto for a missionary trip. Talking with her in a spontaneously organised interview on integration, migration and multiculturality gave me a unique opportunity to learn more about life in Korea and South America. It’s taken me a while to get it done, but today I can finally post this interview. It’s 12.30 minutes long. Hope that this is not the last one.


一月に、宣教旅行で京都を訪れた韓国系ボリビア人の女の子と出会うチャンスがありました。その場で準備したインタービューに統合、移民、多文化性について彼女と話し、南米と韓国での生活について学ぶ特別な機会となりました。インタービューの編集が少し長引いてしまいました。日本語訳も作ったので音声が分からなくてもどうぞ読んでください。


インタービュー ・ ボリビアで韓国生活を

「小学校では私はクラスの中でただ一人の韓国人でした。50人のうち、韓国人は私だけ。先生たちが『君はどこから来たの?』みたいなことをよく聞いていたから自分だけが違う扱いをされているのが分かりました。でも彼らは私を裁いていた訳でなく、特別に感じていただけでした。『はぁ、私に特別な関心を抱いている』なのでいつも肯定的に捉えました。」

茶色のプラスチック眼鏡をかけた黒髪のイーナ・キム(金仁娍)は一見、並の韓国人女性と思われる。ソウルで英語と英文学を勉学し、教会活動にも力を注いでいる。しかし、イーナは韓国人の移民の子としてボリビアのラパスに生まれ育った。子供時代の風景には、町中を走る戦車やしょっちゅうストライキに入る原住民の姿があった。23歳の彼女と出会ったのは、彼女が一員である韓国の宣教グループを宿った京都での国際教会だった。アジア系ラティーナとしての経験をインタビューされることに賛成してくれた。

来日のきっかけは福音を普及するためである。そして彼女の祖父祖母が1970年代に韓国から南米大陸に渡る理由も宗教にあった。

「 私が知る限りあのときの韓国での生活は経済的に本当に辛かった。新しい国にやりなおしに行く方が韓国でやりなおすよりも容易でした。 彼らはとても信心深いからボリビアで果たせる目的を見いだし、新しい韓国人教会の設立にも協力し、今でも教会で色んな地域奉仕なども行っています。」

イーナの両親は、韓国から輸入した素材を利用する小さな織物工場を営業している。世界的にも経済力がたいへん低いボリビアであるが、彼らはそこの暮らしを心地よくのどかに感じる。イーナは自身の韓国のヘリテージとボリビア国籍の両方をありがたく思う。しかしラパスでの暮らしはどのようなものだったか?移民背景を持つ第三世代の人としての困難はあったのだろうか?

「自分は、単なるボリビア人の学校の友達と違うとは分っていました。ボリビアに生まれたのは知っていましたが、親の関係で自分を韓国人と思い、だから彼らに『私は違う』と伝えました。『あなたはちょっと西洋っぽいね』と言われると『まぁ、気付いた?そう、私はもっぱら韓国人だけではない』と、嬉しくなります。そうしてありのままの自分を愛することを覚え、それが学校などをやりぬけるための力となりました。見た目などであざける人がいなかったから。人種や見た目に基づいた苦難はなかったと思います。
その後は国際学校に通いはじめ、そこの多くの友達は米国大使館や別の大使館と一緒であったり、親がマクドナルドやバーガー・キングのオーナーであったボリビア人の子供であったり。ああいう世界で育ったと思います。『あぁ、彼女も賢いアジアン少女だ』という考えがあって、裁かれることは一度もありませんでした。

高校時代に日本人の女の子もいましたけれど、ボリビア出身ではありませんでした。パラグアイに生まれ父親の仕事で数年間のためにボリビアに引っ越してきました。そして彼女は私の一人だけの日本人の友達でした。彼女も私と同じ経験を持っていました。前の学校では人気者でした。日本語をぺらぺらしゃべり、母親はアルゼンチンで生まれたと思います。彼女はどちかだという風に感じていませんでした。自分が日本人だと知って、多重国籍も持っていました。彼女は決して不平を言うことがなく、二人は似たような状況に置かれていて私はある意味で自分を彼女と同一視していました。二人ともラテンアメリカの国でアジア人の親から生まれました。

友人関係などで困難を体験したことは一度もありませんでした。それよりも、あの学校では原住民を見下ろすのが問題だったと思います。『まぁ、あいつらまたストライキに参加している、あいつらは無学無知だ』を考えたりして。振り返ると本当に間違っていたと思います。あの考え方をいつも後悔していますけれど、育った環境のせいだと思います。」

イーナの否定的な意見が変わったのは、国際高等学校を卒業して一般大学に入ったときだった。

「大学ではもう金持ちの白人のお子さんでなく一般の人でしたから「あぁ、人と人の間には違いはない」と気付きました。皆と仲良くなり、以前は人を裁くのに早かったと気付きました。」

ボリビアの人口の80%以上は原住民族と、原住民とヨーロッパ系移民の間に生まれた〈メスティーソ〉たちから構成されている。16世紀にスペインの植民地支配が始まる以前、国はインカ帝国の一部であった。ケチュア語やアイマラ語などといった現地の多くの言語も継続されている。スペイン以外ののヨーロッパの国、例えばクロアチア、ドイツ、ポーランドからの人も、アフリカとアラブ系のグループもいる。経済面と社会的な地位から見ると白人は上等な地位を享有している一方、特にいなかの原住民は貧困と戦っている。
異なる民族、言語、気候帯に色染まったこの国では、政府はどのように団結心と統合の創造に努力しているか。移民層を融合させる特種政策はあるだろうか?

「政府は他のことで忙しく、ほとんどありません。ただ一つは、親の出身と関係なくボリビアに生まれた人は誰でも自動的に国籍を受ける。
今は原住民出身の大統領—エボ・モラレス氏—の第二任期であり、彼はいつも原住民の権利について考え、ボリビアのヘリテージは白人コミュニティーでなく、彼らにあるとよく言う。白人コミュニティーは人口の一割しか占めないのに力を持つため衝突もあった。」

南米へのアジア人移民運動の歴史は長い。ブラジル、アルゼンチン、ペルーには大きなアジア人コミュニティーがある。韓国・日・中国系ボリビア人はボリビアの人口の約1%を占める。そのアジア系少数派はお互いどう交流しているか?イーナはどういう風に韓国人としてのアイデンティティーを保てることが出来たか?

「交流はほとんどありません。皆自分の生活に集中していますし、韓国人の間にも教会以外の交流もほとんどないと気付きました。皆自分の家族と生活に集中し、大きな行事があるときだけに集まるがそれも年に一回くらいであって、それ以外には何もありません。

韓国のヘリテージを忘れないように親が韓国の映画を見せ、本を読ませましたから私にとってそこに生きることは辛くありませんでした。そして韓国語の教会もあり、その面も受けて教会をとおして韓国だけの祝日を守りました。例えば韓国の収穫感謝みたいな日と二月におとずれる太陰暦に基づく中国のお正月を祝ったり、その季節の遊びをしたりしました。特別な日に着れるようにお母さんが私のために韓国の伝統服を買い、子供たちが伝統舞踊などのために集まるとき、お母さんはいつも私をそこに行かせました。言葉と文化を忘れないように親が私のために努力しました・・・そして料理も。」

イーナは何年間もボリビアの大学で勉強した。しかし将来へのはっきりしたヴィジョンと戦い、親と相談した結果、韓国の大学に入った。ラテンアメリカに育ってアジアに新しい生活を始めることは、彼女の民族背景にしても難しくはなかったのだろうか?

「えぇ、最初に言葉や料理になじむよりも、人々が私と出会うときに『は?』とならないように交流することが自分にとって唯一難しいところでした。なぜなら、彼らは『韓国の韓国人ではない』と、私を見て分かりましたから。最初にそれは少し気になりました、よく馴染んで統合できないかと。しかし今考えますとむしろ目立ちたいと感じます。私は平凡の韓国人のようでありたくなく、自分が目立ち、ありのままの自分で心地よく感じれば、彼らもそのまま受け入れると思います。そして誰にも〈ウソ〉をついたり自分を隠したりする必要もなくなります。」

イーナは昔から韓国を訪れた。韓国語をしゃべることに苦労はなく、特種な文化と風土、儒教とキリスト教の価値に基づいた社会構成を持つこの国は彼女にとって全く新しかったともいえない。だが、実際の韓国生活は、子供のころから描いてきた韓国のイメージとどれほど違うのか?

「南米では、人にこんにちはと言うとそれは暖かく、キスをしたりします。でも韓国では常にお辞儀をしなければなりませんから、ああいう風な交流はほとんどありません。だから最初に韓国人はその意味で少し冷たいと思いました。でもその後に、南米のように体であらわさないにしても行為と言葉であらわしていると気付きました。そうい意味ではそれが唯一のことでした。
韓国の映画とドラマとか、ニュースとあらゆる番組をよく見ました、ダウンロードもしました。韓国人の態度とかでいうと、ドラマで見られる生活はほとんど合ってます。ただ一つ、ドラマの中の人は奇麗に決まっていて、街の中も人も皆奇麗だと期待していましたが、起こりませんでした。でもそれ以外私のイメージは正しかったと思います。」

イーナ・キムは混合されたヘリテージを自分の人格に構成的に組み入れることを覚えた。だが最後に、彼女にとってどの素質がより強いのか?ボリビアなのか、韓国なのか?

「韓国の方だと思います。はい。親の関係で。韓国では血は何よりも強い。私もその発想を持っています。ボリビアはあくまでも住む場所に過ぎず、故郷を考えると、それは家族がいるところです。親が突然ロシアに引っ越すと決めたとしたら、ロシアを自分の故郷と思うでしょう。その観念は変わります。でも自分は韓国人である考えはけっして変わりません。大学卒業後に韓国に残ると決めるとすれば、韓国国籍に変えます。」

Blumio – 日本人がドイツ語でヒップホップを

『Meine Lieblingsrapper —  お気に入りのラッパー』

今まで日本語ヒップホップに親しみづらかった私が最近、中学時代に流行っていたドイツ語ヒップホップの第二波を思い出させるShing02にはまっちゃった。リリックスもビートも西洋ラップの成熟さを持ち、しっかりしている。だけどドイツにも日本人ラッパーが活躍していることはYouTubeではじめて知った。Shing02のレベルではないが、ブルーミオという名で有名になろうとしている努力家の彼もちょっと面白い。24歳、ドイツのドゥセルドアフ出身。最初はドイツの有名ラッパーの物真似が連発される『お気に入りのラッパー』で注目を浴びたらしい。フェリスMCやセミ・デルックスの真似はいまいちだが、その他のカース、ヤン・ディレイ、ズィード、マスィーヴェ・テーネなどの声をうまくパロディーしてそれぞれのリリックスの特徴も把握し、かなり面白い。その後は物真似にとどまらず、作曲が集めた初アルバムを作り出してそこからのいくつかの曲を、低予算の美学を丸出しにしたビデオとともに自分のYouTubeチャンネルに配信した。

『反暴力ソング』『サメについて話そう』『薔薇の戦争』・・・初アルバムとしての曲のまとまりはなく、時には男女関係、時には拝外思想をテーマにしている一方、彼の目的が明確さに欠ける分リリックスは皮肉的というかそっけないユーモアで印象深い。

個人的には曲は趣味とは言えないけれど、彼が色んな差別の犠牲となるドイツでの東アジア人マイノリティーの一員として自分の性格をばりばり主張することは嬉しい。僕と同じ世代のアジア系ドイツ人と、ドイツを故郷とするアジア人は、ドイツに多く住んでいるトルコやロシアからの移民よりも珍しい、少しエクゾチックな存在であり、もっと公に活躍したらいいと思う。実際、去年の総選挙であたらしく保健相を就任したフィリプ・レースラ氏(ドイツの自民党)はベトナム戦争の難民としてドイツ人夫婦の養子になり、北ドイツで育った。比較的に地味に生活しているアジア系の人はチャイナ・ショップやタイ料理屋さんの枠を超えて他にも文化や政治に開花してほしい。

YouTubeで見られる曲とブルーミオのウェブサイトから判断すれば、彼もアジア人が受けがちな差別を経験し、そこから寛容にたいする意識が生まれたらしい(ただ女性にたいしての差別意識はどうや?)。ネオナーツィたちに訴えかける曲『ヘイ・ミスター・ナーツィ』に出てくる差別用語、シュリッツァウゲ(細目)、ライスフレサ(米食い)、ヤプセ(英語のジャップと同様)は私自身にも時おり投げられた覚えがある。それをまたアイロニーでひっくり返して自分のことを「ダーティー・ジャップ」と呼んたと同じようにブルーミオは自ら設立したレーベルを「ヤプセンソウル」と名付けた。ファーストアルバムを飾るロゴはヨーロッパでは典型的な日本人の戯画である。YouTubeでは『ヘイ・ミスター・ナーツィ』についての討論がかなり逸脱してきた・・・

『Hey Mr. Nazi — ヘイ・ミスター・ナーツィ』

去年ラッパー活動を本格化したブルーミオはこれからどんな歌をつくるだろう?なぜトルコ人なまりのドイツ語をしゃべっているのか?どうして歌のなかに少しでも日本語が活かされていないのか?2010年にブレイクできるか?そして、日本のテレビはいつ彼に気付くか?詳しくは彼のウェブサイトで・・・

最後に僕のお気に入りの曲『Rosenkrieg — 薔薇の戦争』