彫刻 / Sculptures

日本、秋田。2010年1月

.

お正月に、久しぶりに筑波に住んでいる叔父さん、藤嶋明範さんの家を訪れた。
叔父さんは長年美術の先生としてつとめていると同時に彫刻家でもある。近年、花崗岩などで出来た大きな作品を創ったが、2009年末に幾つかの比較的に小さな彫刻作品をシリーズにして個展を開いた。

『瞑想空間』や『瞑想トンネル』と題された前の作品は彫刻をある種の装置として扱っているようにも見えた。今回の作品『Standing Earth』と『Moving Earth』は石や土に宿るエネルギーを感じさせ、石そのものをテーマとしている印象。

既に加工された素材が日常に溢れるため、元素材にたいする意識が失われ、自然素材とは分離された消費的な関係が主だと言ってもいいだろう。彫刻家は堅くて重い物質と対面し、裸の自然素材から何かを削り出す原始的で逞しい仕事をしている。出来上がった作品は、その物質との触れ合いから霊的な動きを刺激させる、あるいはその存在をとおしてある場所の元然性を出現する力を持つ。室外に設置した彫刻は、光、温度、天気の変化によって姿を替え、時間と空間と深く関係しながらずっと残る。瞬間的に錯覚を生み出すはかない映像に関わると彫刻の具体性に強い存在感を受け取る。

上の写真は、「Moving Earth」シリーズからの二作を示す。

*

Last month, I visited my uncle, Fujishima Akinori, in his home in Tsukuba.

Besides being a long-serving art teacher at a high school he is also a sculptor. I recent years he has created large works from granite, but at the end of last year he opened a private exhibition with a series of smaller sculptures.

His last titles “Meditation Space” and “Meditation Tunnel” appeared treating the sculptures as some kinds of apparatuses. This time, “Standing Earth” and “Moving Earth” seem to thematise the stone itself and convey a sense for its inner energy.

As processed materials flood our daily lifes we lose our consciousness towards the raw material. We develop a detached consume-oriented relationship with natural materials. A sculptor faces the solid, heavy matter and engages sturdily in a primeval work, chiseling something out of the naked natural material. Touching the completed work does not only inspire a spiritual movement but its mere presence at a certain place has the power to bring that location’s elementarity into appearance. Placed outside, a sculpture alters its appearance with the change in light, temperature and weather and relates deeply with time and space. When you deal with fleeting film images – momentary illusions – you take a strong sense of being there from the concreteness of lasting sculptures.

The pictures above show two works from the “Moving Earth” series.