疑問に思えば、疑問に賛成 — ジーザスライフハウスの光と霧

ライフハウス教会についての最新記事『イジメ、ウソ、マインドコントロール——ライフハウスの裏側』(2014年)を別ページで読んで下さい!他の経験者が英語で驚きのコメントを書いてくれました。そのダイジェストを日本語で紹介します!下記の記事は2011年のものです。

鳴り響くギター、 激しく音をたてるビート、きらめくステージの前に踊る若者たち。私は少し端っこの暗闇に立ち、腕をあげて知らない歌を歌ってみる。いや、これはロックコンサートではなく、東京のど真ん中にあるキリスト教の教会である。私の周りに何百もの日本人と外国人の歌声からのポップ風なハレルヤが聞こえる。その教会、いや、「チャーチ」の名前はジーザスライフハウスと言い、そこは自分が信仰心を築いた少年時代のユース・イベントの頃へとタイムスリップしたかのように感じる場所だった・・・。ここで私は自分のルーツに戻ったのでは・・・?オーストラリア人のロッド・プラマー氏に開始されてジーザスライフハウスは、わずか数年間で何千人もの人をコンサート礼拝に集客しただけでなく、大阪、横浜、香港にも創立された姉妹教会でも、若いアジア人たちをヒルソング運動の音楽と神学へと踊らせることに成功した。

それは昨年の7月だった。私は大学時代に福音派の運動からだいぶ遠ざかり、四年間もこれといった教会に通わなかった。東京に引っ越した時点でキリスト教の交わりに飢えていた。これをきっかけにしてもう一度それに挑んでみたかった。何かに属して自分の時間、エネルギー、能力を神さまの奉仕に注ぎたかった。新生活にはずみをつけて。 国際的な雰囲気を持ち若い才能に燃えているジーザスライフハウスがその全てを提供できるように見えた。 喜びが溢れるほど歓迎されてすぐにも私のポテンシャルを活用させるように誘われた。自分のなかに突然炎が燃え立つような気がしてワクワクした——幸福感・・・激変が起こるときに参加して感じる衝動・・・何かをやって、何かを成し遂げたい気持ち・・・週に2回も教会を訪れることは期待できる、熱狂を呼び覚ますことになった。これはビジョンを持った教会であり、自分がやっと適切な場所に辿り着いたことを日本に来てから初めて確信した・・

それから一ヶ月後、私の熱意が苦い失望感へと一転していた。自分自身がもはや歓迎されない人物になるところだった。 過激的福音派の大義を、多数あるキリスト教義のなかのある変種として黙認せずに、むしろそれに逆らうことを決心して僕はジーザスライフハウスを去った。
いったい何が起こっただろうか?

JLH-C

Continue reading “疑問に思えば、疑問に賛成 — ジーザスライフハウスの光と霧”

In case of doubt, go for the doubt – Light and fog at the Jesus Lifehouse

Stomping beats, blaring guitars, dancing youths in front of a glittering stage, I stand a little offside in the dark, reach out my arm and sing along to the unknown song. No, this not a rock concert, but a church in the middle of Tôkyô. Around me resonates the many-voiced pop-Alleluia of hundreds of Japanese and foreigners. The church is called Jesus Lifehouse, and in it my body feels as if it was time-traveling – back to the youth events in Germany that helped shape my teenage faith. Was I back to my roots? Initiated by the Australian Rod Plummer, the JLH has just in a few years not only managed to attract over a thousand visitors to its concert services, but also to establish itself in Ôsaka, Yokohama and Hong Kong, where young Asians dance in droves to the theology and music of the Hillsong movement.

That was last year in July. I was new in Tôkyô and after years without a stable church starving to reconnect to the Christian community. During my university times I had distanced myself much from the evangelical movement. Now I wanted to risk it again, wanted to belong to somewhere, to contribute time, energy, skills for God’s ministry. Kick-start a new life. Jesus Lifehouse, with its international flair, seemed to offer all this and more. It was like entering the fieriest talent smithy of the city. After being welcomed effusively they immediately wished to make use of my potentials. I sensed something flaring up: euphoria, the urge of being there when something cataclysmic happens, to make it, to deliver it. My biweekly visits were electrifying, something which one could hardly await. A church with a vision. For the first time in Japan, I was sure to be at the right place …

A month later, my enthusiasm had turned into bitter disappointment. I was about to become an unwelcome person. I left Jesus Lifehouse as suddenly as I had come, determined to not longer tolerate the radical evangelical cause as one variation in the spectrum of Christian dogma, but to oppose it.

What had happened?

JLH-A

Continue reading “In case of doubt, go for the doubt – Light and fog at the Jesus Lifehouse”

Im Zweifel für den Zweifel – Licht und Nebel im Jesus Lifehouse

Stampfende Beats, schmetternde Gitarren, tanzende Jugendliche vor der blitzenden Bühne, ich stehe etwas abseits im Dunkeln, strecke den Arm aus und singe die unbekannten Songs mit. Nein, das ist kein Rockkonzert, sondern eine Kirche mitten in Tôkyô. Um mich ertönt das vielstimmige Pop-Halleluja hunderter Japaner und Ausländer. Die Kirche – pardon, die Church, heißt Jesus Lifehouse und in ihr fühlt sich mein Körper an, als wäre er zeitgereist – zurück zu den Jugendveranstaltungen in Deutschland, die meinen Teenagerglauben mitprägten. War ich wieder an meinen Wurzeln angelangt? Vom Australier Rod Plummer iniziiert hat das JLH es in nur wenigen Jahren nicht nur geschafft, über Tausend Besucher in seine Konzertgottesdienste zu locken, sondern sich auch in Ôsaka, Yokohama und Hong Kong zu etablieren, wo junge Asiaten scharenweise nach der Theologie und Musik der Hillsong-Bewegung tanzen.

Das war letztes Jahr im Juli. Ich war neu in Tôkyô und hungerte nach Jahren ohne feste Kirche endlich wieder nach christlicher Gemeinschaft. Während meiner Unizeit hatte ich mich von der evangelikalen Bewegung sehr entfernt. Nun wollte ich es noch einmal wagen, wollte zu etwas dazugehören, Zeit, Energie, Können für Gottes Dienst einbringen. Ein neues Leben kickstarten. Jesus Lifehouse mit seinem internationalen Flair schien mir alles dies und noch mehr anzubieten. Es war als betrete man die feurigste Talentschmiede der Stadt. Mich überschwänglich empfangend wollte man sofort man meine Potentiale nutzen. Ich spürte etwas auflodern: Euphorie, der Drang, dabeizusein, wenn etwas Umwälzendes passiert, zu machen, zu liefern. Meine zweimal pro Woche stattfindenden Besuche waren elektrisierend, etwas dem man entgegenfiebern konnte. Eine Kirche mit Vision. Zum ersten Mal in Japan war ich mir sicher, an der richtigen Stelle zu sein…

Einen Monat später war meine Begeisterung in bittere Enttäuschung umgeschlagen. Ich war im Begriff zu einer unerwünschten Person zu werden. Ich verließ Jesus Lifehouse so jäh wie ich gekommen war, entschlossen, die radikal-evangelikale Sache nicht mehr länger als eine Abart im christlichen Dogmenspektrum zu tolerieren, sondern mich ihr zu widersetzen.

Was war geschehen?

JLH-B

Continue reading “Im Zweifel für den Zweifel – Licht und Nebel im Jesus Lifehouse”

21世紀キリスト教徒の信条 ー Credo 21

ここ一ヶ月間、教会に通うことになった。ドイツでは8年間も同じ教会に通って大切な出会いと学びを経験してきたが、日本に引っ越してから自分の信仰が根本から変化され、心がそのときまで当たり前として受け入れていたキリスト教からずいぶん離れてしまった。それはアジア学院でボランティア生活したときに他宗教と他宗派の人間と一緒に共同体で働いて信仰生活を分かち合うことによって始まり、そして芸大でそれよりも異様な世界観と知識に出会ってから発展した。そして私はいわゆる福音派から宗派を超えるキリスト密教に近寄ってきた。

それは孤独な話でもあるが、人生にとって掛け替えのない経験へとつながる成長だった。密教では宗派も宗教も科学もすべてを超える光と闇への道に踏み出し、全てが小ちゃくなるほどの神秘的な体験ができる。だからそれほど私は、一つの教会、一つの宗派にこだわる必要性を重視しない。

それでもこの東京に風に触られて教会を訪れることにした。今通いはじめたジーザス・ライフハウスは、私がもっとも疑う福音派の波に乗っているのだが、そこにいる人間は素晴しいし、何だか自分もワクワクする雰囲気を持つ特別な集会である。私が異端者であるからこそそこに色々と考えさせられ、最近かなり薄くなってきた信仰感を元気に出来る。

私はそこで、「今、何を信じて、何を大切にしているか」を問い、自分だけの〈信条〉を書きつけることを決めた。信条(ラテン語ではCredoと言うが)は信仰を限定し、バイタリティーを奪うという論点もあるが、これはあくまでも今の私の生涯巡礼のスナップショットとしてずっと残るものではないし、ファイナル・アンサーでもない。実際、これをよりよくしたい。21世紀のあるキリスト者の信仰。この新しい世界でキリスト教は何を意味し、何をもたらすべきか、消えたくなければそれを深く考えてエネルギッシュに前に進めばいい。この時代に、不寛容も教条主義もナショナリズムもキリスト教を略奪しようとするから、キリスト・イエシュアと歩むことが世の中に何よりもすごい光を与えることを主張しなきゃいけない。

一 ✙ 神
「我は在る」、ヤハウェとしてモーシェに自己を啓示した一つの神を信じます。

二 ✙ 起源
自己の気質の無限なる豊かさをあらわすために宇宙を生み出し、継続的な創造として生命の発展をゆるすことにより神が全ての源であることを信じます。

三 ✙ 人間
人間は、自己認識する生き物として創造主と創造にたいして特別な関係に置かれ、道徳感覚のためにその関係の仕方に関して固有の責任をもつことを信じます。

四 ✙ イェシュア
誕生・人生・十字架での死をとおして我らの運を分かち合うことにより神が「共にいること」を証し、死を克服することでそれを超える希望を与え、そして神の君臨の種を人の心にまくために神がナツェレトのイェシュアにおいて人間となったことを信じます。

五 ✙ 神の君臨
神の君臨をとおしてイェシュアは、悪の全ての現れに打ち勝ち、神との結び合いにおいて充実した人生を得て、いかに共に生きるかを教える愛の世界革命を呼びかけていることを信じます。

六 ✙ 聖書
聖書は神の精霊を息づいているから主な霊的指導をもたらす一方、それに加える真実の面がその他の人間の作品、そして万物をとおして表現されていることを信じます。

七 ✙ 信仰
信仰は動的な力、そして各信者の中に変化をもたらす主体であり、神の君臨に沿って啓発された世界を形成する自由、力、義務を与えることを信じます。


日本語にすると堅くなるな〜

一般のキリスト教徒が信じてることとはそれほど変わらないかもしれないけど、細かく突っ込むと異端が出て来る。いちばん重要な点だけを指摘して、言葉の意味を再議しつつユダヤ教徒キリスト教の伝統を一応意識しているとは思う。これは今のスナップショット・・・私的クレード。旅はつづく。

Credo 21 or A 21st Century Christian’s Creed

I have been reflecting deeply about my faith again since I started attending services at the Jesus Lifehouse church here in Tôkyô. I knew that many of my positions differ from those of the mainstream evangelical doctrine. As a Christian Mystic I might be better off in a Coptic monastery.
Thus being said, the encounters at the church encourage me to hone down the fundamental corner points of my faith. Writing them down in a concise form might be a good step.  A continuation of my personal creed, a snapshot of my pilgrimage, so to speak. Some see creeds as exclusive, and robbing faith of its vitality. There are good reasons to avoid them. But it is not bad to record from time to time to put things in order.

I made an effort to point out only the most important parts that I suppose are going to stay, but I expect change and I will welcome any suggestion and discussion to improve the content, amend it over to get a clearer picture of what constitutes my faith. It’s the gist of five years of struggle and discovery. Here it goes, a 21st Century Christian’s Creed.

I. God
I believe in the one God who revealed himself to Moshe as Yahweh, ‘
I am here’.

II. Origin
I believe that God is the source of all things by having given birth to the cosmos and allowing life to develop as a continuous creation to express the boundless richness of his nature.

III. Humans
I believe that we humans as self-aware beings are placed in a special relation with both Creator and creation, and that due to our sense of morality carry peculiar responsibility for the way we shape this relation.

IV. Yeshua
I believe that God became human in Yeshua of Nazeret, to testify his
being with us by sharing our lot through birth, life and death on the cross, to offer us a hope beyond death by overcoming it, and to sow the Reign of God into our hearts.

V. The Reign of God
I believe that with the Reign of God Yeshua calls for a world revolution of love, that teaches us how to live together, attain a fulfilled life in union with God, and overcome all manifestations of inner and outer evil.

VI. The Bible
I believe that the Bible breathes the spirit of God and thus provides predominant spiritual guidance, while further facets of the truth are expressed through other human works and the creation itself.

VII. Faith
I believe that faith is a dynamic force, and in each believer an agent of change, liberating, empowering, obliging him to shape an enlightened world according to the Reign of God.

It might not seem much different from what most Christians believe, but the way I get to these conclusions might be. There are some more specific things I would like to include, such as equality regardless of gender, ethnicity, sexual orientation etc., but I don’t want to overload this first attempt. I want it to be open to accept things such as multiple universes or different Christian denominations, while referring back to the Jewish and Christian traditions.

In a day and age where segements of the Christian family are pirated by forces of intolerance, dogmatism and nationalism, it is necessary to demonstrate that following Yeshua does not mean to – I borrow the words of Anne Rice here – be “anti-gay”, “anti-feminist”, and “anti-science” – on the contrary. Christianity has to find new roles in new realities. The journey goes on.